巨乳シロウト| 初々164

初々164



雨の日の午後、悲しみに暮れながら、傘もささずに歩く。街中で浮いている存在。周りのヒトは奇異の目で私を見ている。いや、見ないように、目を合わさないようにしている。関わりを持たなくては生きていけない人間は、関わりを持つことに怯えている。…もっと詳しく