巨乳シロウト|素人AV体験撮影196

素人AV体験撮影196



マッサージ器の鬼」彼女は周囲の人からそう呼ばれている。それは、彼女のマッサージ器に対する情熱が尋常じゃないからだ。マッサージ器専門家として産声を上げたのは、小学3年生のとき。父の使っているマッサージ器を肩に当てたときに始まった。小学生ながら常に肩が凝っていた彼女。マッサージ器が発する振動は、石の様に固い肩を揉みほぐしてくれるのであった。…もっと詳しく